離歌2

  三爷在门前收拾小黑船时——多日不用,里头满是树叶与蛛网,甚至还长出几簇野菇——彭老人出现在河对岸,带了个小木凳,坐下来,掏出水烟壶,像是要跟三爷长谈。
 
三爺が戸口前で黒い小船の手入れをしていると-----長いこと使っていなかったので中は木の葉やクモの巣で一杯であったし、茸すら幾つか生えていた-----彭老人が向こう岸に姿を見せ、持ってきた小さな腰かけに座り、水煙管を取りだした。三爺とゆっくり話をするつもりのようであった。

  彭老人七十有三,比三爷整大上十岁,可身体真是好,他在河对面说话,那样响亮亮的:“这两天没事儿?”
  “也说不好。所以我得把船侍弄好,往后要靠它了。”
  “怎么的,这桥不修了?”
  “就我一人在河西……噢,还有那半片山。”三爷回头努努嘴。
  “不管河东河西,那也是咱东坝呀。”
  “要能修那是敢情好。不过划船也成。”
  “我替你找人去。这桥怎能不修呢……”彭老人凹着腮咕噜噜抽烟。
 
 彭老人は七十三歳で三爷より十歳上だが、体はいたって丈夫であった。向こう岸から大きな声で話し掛けた。「ここのところ何もないか?」
 「まぁ何とも言えないな。それで船の準備をしている。これからは必要だから。」
 「なんでだ、橋を直さないのか?」
 「俺ひとりしか河の西側にいないし・・・ああ、あの山の半分もあるけどな。」三爷は顔を山の方に向けて答えた。
 「河の東だろうが西だろうが、俺たちの東堰じゃないか。」
 「修理できればそれに越した事はないが,船を漕げばそれでも済む。」
 「俺が誰か探してきてやる。この橋を直さないで済むものか・・・」彭老人は頬を窪ませてくうくうと煙草を吸った。

  这个彭老人,三爷知道的,并不能算是个热心人物。他发妻早故,两子一女都在不得了的大城市里发达,要接他同去享福,可他脾气固执,偏要独自留在东坝因子女出息,他颇受尊重,不过,这桥,就是他去找人恐怕也是没用的。

 彭老人は親切とは言えない人だと三爷は思っていた。早くに妻を亡くし、一男一女は大都会で功を成していた。子供たちは一緒に楽な生活をと誘ったが老人は頑なに東堰で一人で暮らしていた……子供たちの出世で人々は老人に一目置くようにはなっていた。しかしこの橋は、老人が人探しをしたとて無理であったろう。

   ——其实,桥塌的第二天,整个东坝就都知道了,大人小孩没事时,就在河对面站一站望一望……哎呀,连个桥桩都没得了!冲得干干净净的……可不是吗!冲得干干净净的,连个桥桩都没得了!大家就这样热闹地说说,有的还跟三爷打个招呼,问他半夜里有没有听到动静,然后平常地就走了。
  没人提修桥的事,就跟棵大树给雷劈倒了似的,难道还要去扶起来不成。

 ——実際、橋が壊れた翌日、東堰の人々は皆それを知って、大人も子供も暇があれば河の向こうに立ち、眺めていたのである……あれま、橋げたまで無くなった!きれいさっぱり流されたもんだ……全くな!きれいさっぱり橋桁までだよ!人々はこの様に賑やかに喋くり、三爷に挨拶して夜中に物音を聞いたかと問う者すらいたが、その後は何事もなかったように立ち去るのであった。
 誰も橋の修理の事など持ち出さなかった。大木が雷に打たれて倒れるように、どうしようもないだろう、というわけだ。

  “算了,你不是不知道,他们管这桥叫奈何桥。就算修了,也没人走……”三爷可不愿让老人费神。
  彭老人摇摇头,不肯接话。他扯起别的。
  六月的阳光有些烫地照下来,河对面的青草绿得发黑,难得有人陪三爷聊天——人们日常见了他,看看他的手,总觉得凉丝丝的,有些惊惶,不知说什么才对——他便进屋里拿了家伙们出来扎。蓝的屋、黄的轿、红的人、白的马……五颜六色的扎纸排在地上,煞是好看。

 「いいんだ、あんたも分かっているだろう、みながこの橋を“しょうもない橋”と呼んでいるのを。だからもういい、直したところで誰も渡らないのだから……」三爷は老人を煩わせたくなかった。 
 彭老人は頭を振ったが、返事はせず話題を変えた。
 六月の太陽は火傷しそうなくらいに照りつけ、河の向こうの草の色を深くした。三爷に話し相手がいる事はめったにない——人々は常日頃、三爷に行きあって彼の手を見ると、どうしたものか薄ら寒さを覚え、些かうろたえるのだった——三爷は家から紙細工の道具類を持ち出し作り始めた。藍色の家、黄色い輿、赤い服の人、白い馬……色とりどりの紙類は地面に並べられて、とても美しかった。

  彭老人看了也欢喜,好奇地问这问那,好啊,三爷顶喜欢人跟他谈扎纸……金山银山、高头骏马、八抬大轿、宽宅院子、箱柜床铺、红漆马桶、绿衣丫头,好比另一个物事齐全的花花世界,热闹极了……送到主家那里,排在院子里,大人孩子先就围上来,指指点点,莫不赞叹,那才是三爷最得意的时分。

 彭老人もそれを目にすれば面白く、興味深げにあれこれと問いかけた。よし、いいぞ、三爷は紙の副葬品を話題に人と話すのが好きだった……金の山銀の山、堂々とした駿馬、立派な輿、広い邸宅、箱に箪笥に寝台、赤漆のおまる、緑の服の娘さん、あたかも一切合財揃った楽園のようで、賑やかな事この上ない……喪主の家に届けて庭に広げれば、大人も子供も我先にと取り囲み、指さして感心しない者はいない。これこそが三爷の最も満足の時であった。
[PR]
# by dangao41 | 2011-08-15 13:18 | 魯敏・離歌  | Comments(2)

離歌3

  为了桥,彭老人真的开始找人了。三爷知道他都找了些谁——他找的每个人,最终都会到三爷这里,隔着白白的河水,有的扯弄青草,有的头上戴顶帽子,有的夹个皮革包。都是在东坝主事的人物。

 橋の件で老人は本当に人探しを始めた。三爺は老人が何人かに依頼したのを知った——老人が頼んだ者たちは結果的には三爺の処へ、橋のない河の向こう迄くることは来た。有る者は青草を弄びながら、有る者は帽子を被って、有る者は革鞄を抱えて。皆、東堰の顔役であった。
 
  “三爷,这桥,你看看……”扯青草的手指绿了,却把青草含在嘴里,多美味似的。
  帽子是旅行帽,上面一圈小红字“×台县旅×团”。
  皮革包里放着个茶杯,鼓囊着。
  他们总一边说,一边那样地看着三爷、用那样的语气。“三爷,你看……”
  “由它去由它去。不是也有船么……”三爷懂事,急忙拦下。
  “那也行,就照三爷您的话办……对不住了哈,其实树料有的是,可咱东坝没有造桥的人才,好不容易在邻村寻访到个,人家却百般不肯,说是晦气……”他们慢吞吞地侧着身子走了,眼睛躲开,不看三爷。
 三爷倒觉得难为人家了。

 「三爺、この橋,どうしたものかなぁ……」青草を千切っていた指は緑に染まり、旨い物のように草を口に含みさえしていた。
 帽子とは旅行に行った時の物で、“×県旅行団”の赤い文字が上側にぐるっと付いていた。
 革鞄の中は茶碗が入っていて膨れ上がっていた。
 彼らはみな、喋りながら意味ありげに三爺を見ながら、意味ありげな口調で話した。「三爺、あのなあ……」
 「ほっとけ、ほっとけ。船がないわけじゃなし……」三爺は飲み込んで慌てて遮った。
 「なら、やはりそうして貰おうか、三爺がそう言うなら……済まないな。実際、木材は賄えるが、この東墳には橋を作れる者がおらん。近くの村でやっと探したんだが、あれこれ言って承知しない、縁起でもないと言ってな……」彼らはぎこちなく向きを変え行ってしまう。目を逸らし、三爷を見ようとしないで。彼は却って皆を気の毒に思った。

  其实,真没什么。桥塌了后,他已划着小黑船出去过两趟。桨动船行,一船的纸车纸人儿,花花绿绿地倒映在水里,那样碎着、散着,直晃荡着。他一边划船一边瞧那水,竟感到某种异样,好像下面的水会一直通向无边的深处……就这么划着,也不坏。

 実際、本当に何でもなかった。橋が壊れた後、彼は黒い小舟で二往復していた。漕いで船が進むと、積み込んだ紙車や紙人は色とりどりに水面に映って、砕けて散り、ゆらゆと揺れた。漕ぎながら水面を眺めていると、一種異様な感覚におそわれる。まるで水の底がずんずんと無限に深い処へ通じているような……この様に漕ぐのも、また悪くはない。
[PR]
# by dangao41 | 2011-08-15 12:31 | 魯敏・離歌  | Comments(0)

離歌4

  过了几天,彭老人又来了。仍是小木凳、水烟壶。太阳蛮好的正午。
  “你这小老弟,怎么能说不要呢……害得我白费劲。”他埋怨地看着三爷。“这桥又不是你一人的,说不要就不要。”
  三爷连忙认错儿,得给老人台阶下呀。“全是我的错儿。这么的,哪天我请你喝两口儿。赔罪。”
  “他们不弄,我弄。”彭老人垂着眼皮给烟壶装烟,一点不像玩笑。“你难道忘了,我年轻时也学过两天木工活儿。”
  七十三岁的老人家,真动了犟心思也难办。“哈哈。”三爷空笑两声,埋头扎纸人,不敢应答。

 数日後、小さな腰かけと水煙管を携えて老人はまたやって来た。太陽が照りつける正午であった。
 「お前はまた何でいらないなどと言ったのか……俺の骨折りを無駄にしたぞ。」
老人は恨みがましく三爺を見た。「この橋はお前一人の物ではないのに、要らないと簡単に言うな。」
 三爷はすぐさま誤りを認めて、老人の顔を立てた。「全くだ、悪かった。そうだな、いつか酒を奢らせてもらうよ、埋め合わせにな。」
 「あいつらがやらないなら、俺がやる。」彭老人は目を煙草壺に向け葉を詰めながら言ったが、全くの本気だった。「俺が若い頃、大工の弟子を二日やったのを忘れてやしまい?」
 七十三歳の老人の頑強な決心は厄介でもある。「ははは。」と三爷は空笑いをし、仕事を続けて返答を避けた。

  这次手里的活儿,难。昨天新死的是个年轻孩子,头一次跟叔叔出门到县城办买卖,谁承想遭了车祸,瞧瞧,都还没娶亲呢,都还没见过世面呢……那做娘的,整个晚上都在跟三爷抽抽咽咽,想到什么便说什么:给他扎个三层洋房子吧,装潢好的,扎个最贵的小汽车吧,扎个带大浴缸的卫生间吧……还能不能再扎个纸媳妇呢,像电视里一样漂亮的……
  彭老人见三爷撅嘴费着心思呢,便不说话,也不走,就在河对面儿一直坐着,眼睛直在水上望来望去。

 今回の仕事は、しかしやりにくかった。昨日死んだのは若い子で、初めて叔父と一緒に街へ商いに行ったのだ。輪禍に会うとは誰が予想したであろう。さてさて、まだ嫁取りもしていないのに、世の中も知ってはいないのに・・・その子の母親は一晩中ずっと嗚咽しながら三爺と一緒に作る物を考えた。三階建ての洋館を作ってやろう、綺麗にしつらえよう、とても高価な自動車もだ、大きな浴槽のある洗面室と・・・そしてテレビで見るような綺麗な紙の嫁さんを作る事が出来るだろうか・・・
  彭老人は三爷が唇をとがらせて思いを巡らせているのを見ると、話し掛けはしなかったが、立ち去りもしなかった。川向こうにじっと座って目を水の面に向け眺めていた。
[PR]
# by dangao41 | 2011-08-15 11:35 | 魯敏・離歌  | Comments(0)

離歌5

  第二天,还没起呢,三爷就听到外面有声响。
  出门一看,不得了了,河对岸真一顺溜躺着十来棵树料呢,太阳正爬上来,橙红色的,甜美地照着,那有粗有细的树们像洒了层金粉。
  彭老人坐在一边的木凳上歇着抽水烟,见三爷愣着,忙摇手解释。“不是我自己弄来的,着了几个上学的大孩子,干了整一个钟头……”
  “……”三爷还是说不出话。
  “总之,你就瞧着好吧,这桥,我会慢慢儿地做起来……”
  三爷抬眼量量这河,虽不算宽,总也有五六丈吧。他不明白,这老人怎么就把弄桥的事当真了?
  “你不信?就知道你不信!”彭老人蛮得意似的。
  “唉哟……老哥,你这样,不是要折煞我?这桥,可不是一日两日的工夫……”

 翌日、まだ寝ている時に外で声がする。
 出て見れば、なんと云う事、向こう岸にずらりと10本の木材が揃えてあるではないか。ちょうど日が昇りはじめ、オレンジ色の心地よい光で照らされた太さも様々な木材は、さながら金の粉を振りかけた様であった。
 老人は傍らの腰かけで水煙管を吸い休んでいた。三爺の驚いたさまを見ると、慌てて手を振り説明した。「俺が自分やったんじゃない、若い子たちに運ばせた、まるまる一時間かかったが・・・」
 「・・・」三爺は言葉も出なかった。
 「とにかく、見ていてくれ。この橋な、俺がゆっくりと作るから・・・」
 三爺は目で河を測った、幅広いとは言えないとしても、5,6尺はあるだろう。老人がなぜこの橋作りを本気にしているのか、三爺には分からなかった。
 「信じてないな?分かってるぞ!」老人は得意そうに言った。」
 「いや・・・あにさん、そこまでして貰っては悪いよ。この橋は一日二日じゃ終わらない・・・」

  老人不答,只抖擞着提一提肩,拿出套木匠家伙,当真下手了。
  他随便挑了棵树,地上左右清理一番,竟开起料来,细细的钢锯在老树干上慢慢地拉,新鲜的木屑扬到草地上。
  三爷急得身上冒汗,但不知怎么办,偏偏今天约好给那新死的孩子送纸人纸马……他只好撂下老人,从屋里把昨天扎好的汽车、洋房、卫生间、漂亮媳妇什么的一样样往小黑船上放。
  ——彭老人倒停下来,看得十分认真。三爷划着船到河中央,水里显现出破碎着的黄红蓝绿……老人突然干巴巴地叹了一句:好看。

 老人は答えず、さてと肩を回すと大工道具を取りだして実際に始め出した。
 続いて材木を選び、周りを片づけると、本当に木を切り始める。注意深く鋸を木に当てゆっくりと引いた。きれいな木屑が草地に落ちる。
 三爺は気が急いて汗が吹き出るがどうしていいか分からない。あいにくと今日はあの死んだ若者の副葬品を届けると約束してある・・・彼は老人をそのままにし、家から昨日整えた自動車、洋間、洗面室、綺麗な花嫁などの一揃いを持ち出して、黒い小舟に積んだ。
 ---すると老人は手を休めて興味深々に見詰める。漕いだ船が河の中程に達すると、水面は砕かれた黄紅青緑の様々を映し出した・・・老人は思わずしわ枯れた声で、綺麗だ、とため息を漏らした。
[PR]
# by dangao41 | 2011-08-15 10:08 | 魯敏・離歌  | Comments(0)

離歌6

  就是从这天起,彭老人,每天都在小河岸上做活了。他性子慢,手艺也生疏,或者也是为着省力气,好几天下来,才忙了一根料,到下半端----太粗了,得两个人锯,三爷急着欲划船去帮忙,他却得意地一摆手:不开了,留着这个大枝丫,正好做桥墩。
  彭老人这样一弄,动静自然是大了。有事没事的,总有人过来看热闹。

 その日から、老人は毎日小さな河の岸辺で仕事をした。のんびりした性格で腕も鈍っていたし、或いは力を出し惜しみしたのか、数日経ってもまだ一本の木材に取り組んでいた。根元の方となると----とても太く、鋸を当てるには二人要るだろう。三爺は急いで船を漕ぎ手伝いに行こうとしたが、老人は得意げに手を振って断わった。「切り落とさない、この二股の大枝は残しておく。橋桁にちょうどいい。」
 老人はこのように仕事をし、話は自然と広まった。事があろうがなかろうが、いつも誰かが見にやって来た。
  
   妇女们捧着饭碗,孩子们一放学就先过来玩一阵。洗衣服的、淘米的、刷马桶的、给牛洗澡的,忙好了也不走,继续赖着。就连小狗小猫,也都晓得到这里来找主子了。
   男人们平常只是在地里苦,瞧到这造桥的活儿,反觉新鲜有趣,手便发痒,彭老人笑眯眯地拿出两把锯子——竟是早有准备的。学几下,男人们竟也上手了,力气直往外冒,你来我往地干得欢天喜地。
   这么着,还真的呢,众人拾柴火焰高,眼瞧着,那一排溜的树料就变成木板了,一片片儿整齐起来,码在树下,很有一种气象。

 女たちは茶碗を下げて、子供たちは学校が終わると直ぐに先ずやって来てひとしきり遊んだ。洗濯だ、米とぎだ、便器洗いだ、牛の水浴びだと、忙しいのに立ち去りもせず屯している。犬猫さえも知っていて飼い主を探しにやって来た。
 
 男たちは普段の畑仕事だけで疲れているのだが、この橋作りを見れば、却って目新しい興味を覚えむずむずした。老人はにこにこと二丁の鋸を差し出す---とっくに予測していたようだった。何度か試すと、男たちは事の他に上手であった。力いっぱい、代りばんこに大喜びで仕事した。
 このように、全くのところ人が多くなれば力も大きくなる、見る見るうちに、あの一揃いの木材は板になり、一枚一枚整えられ、木の根元に積み上げられた。たいそうな勢いであった。
 
[PR]
# by dangao41 | 2011-08-15 09:46 | 魯敏・離歌  | Comments(0)