北京的春节 老舍

  ①按照北京的老规矩,过农历的新年,差不多在腊月的初旬就开头了。“腊七腊八,冻死寒鸦,”这是一年里最冷的时候。可是,到了严冬,不久便是春天,所以人们并不因为寒冷而减少过年与迎春的热情。在腊八那天,人家里,寺观里,都熬腊八粥。这种特制的粥是祭祖祭神的,可是细一想,它倒是农业社会的一种自傲的表现——这种粥是用所有的各种的米,各种的豆,与各种的干果(杏仁、核桃仁、瓜子、荔枝肉、莲子、花生米、葡萄干、菱角米……)熬成的。这不是粥,而是小型的农业展览会。 除此之外,这一天还要泡腊八蒜。把蒜瓣放进醋里,封起来,为过年吃饺子用。到年底,蒜泡得色如翡翠,醋也有了辣味,色味双美,使人忍不住要多吃几个饺子。在北京,过年时,家家吃饺子。

 北京では昔ながらの習わしで旧暦で新年を迎えます。およそ師走月初旬には準備が始まります。“蠟月7日8日、カラスが凍死” というくらい一年で最も寒い時期です。けれど、冬来りなば春遠からじ。ですから寒くたって、年の暮れとお正月を迎える楽しさが削がれることなどないのです。12月8日には、家庭でも寺社でもどこでも腊八粥を作ります。この特別なお粥はご先祖様と神様に供えるもの、けれど良く考えてみれば、これは農耕社会の一種の自慢でしょうね-----このお粥にはあらゆる穀類、豆類、乾いた果実類(アーモンド、胡桃、スイカの種、ライチー、蓮の実、ピーナッツ、干しブドウ、ヒシの実・・・・・)を入れるのです。これは単なる粥ではなくて小さな農作物展示会なのです。この日、この他に腊八ニンニクも漬け込みます。ニンニクを酢に浸し密閉し年越しの餃子用にします。年末になるとニンニクは緑に透き通り、そして酢にも辛みが付きます。色も味も両方よろしくなり、つい余計に餃子を食べてしまいます。北京では大みそかにどの家でも餃子を食べるのです。

  ②孩子们准备过年,第一件大事是买杂拌儿。这是用花生、胶枣、榛子、栗子等与蜜饯掺和成的。孩子们喜欢吃这些零七八碎儿。第二件大事是买爆竹,特别是男孩子们。恐怕第三件事才是买各种玩意儿——风筝、空竹、口琴等。

 子供たちの年越しの準備としての第一番の大事は色々なドライ・フルーツを買う事です。これはピーナッツ、棗の果肉、ハシバミの実、栗などを蜜に浸けて混ぜて作ります。子供たちはこの小さな甘いものが大好きです。二番目は爆竹を買う事、男の子にとってはとりわけです。そしておもちゃを買うのは三番目といったところでしょうか------凧や独楽やハーモニカのような玩具ですね。

 ③ 孩子们欢喜,大人们也忙乱。他们必须预备过年吃的使的喝的一切。他们也必须给儿童赶作新鞋新衣,好在新年时显出万象更新的气象。

 子供たちには楽しいのですが大人たちは大忙しです。年越しに食べたり飲んだりする物一切を準備しなければなりません。子供たちに新しい靴と衣服も作ってあげなければなりません。新しい年に万象一新の雰囲気を出せますから。  

 ④ 二十三日过小年,差不多就是过新年的"彩排"。在旧社会里,这天晚上家家祭灶王,从一擦黑儿鞭炮就响起来,随着炮声把灶王的纸像焚化,美其名曰叫送灶王上天。在前几天,街上就有多少多少卖麦芽糖与江米糖的,糖形或为长方块或为大小瓜形。按旧日的说法:有糖粘住灶王的嘴,他到了天上就不会向玉皇报告家庭中的坏事了。现在,还有卖糖的,但是只由大家享用,并不再粘灶王的嘴了。

 二十三日は小年といって新年の「リハーサル」 のようなものです。昔は、この夜に竈の神様を祭りました。日が落ちればすぐ爆竹に火をつけて、爆音と共に紙の神様を燃やし、立派な謂れと共に天に送り届けるのです。この数日前から街の其処此処で、一口大や四角い塊や大小の瓜形など様々な形の、麦芽糖ともち米糖が売られます。昔の人は、飴は竈の神様の口に粘りつくので、神様が天帝に家庭内での悪い報告をすることができないと考えていたのです。今でも飴は売られていますが、みんなが楽しむもので竈の神様の口をふさぐためではありませんよ。

  ⑤过了二十三,大家就更忙起来,新年眨眼就到了啊。在除夕以前,家家必须把春联贴好,必须大扫除一次,名曰扫房。必须把肉、鸡、鱼、青菜、年糕什么的都预备充足,至少足够吃用一个星期的--按老习惯,铺户多数关五天门,到正月初六才开张。假若不预备下几天的吃食,临时不容易补充。还有,旧社会里的老妈妈论,讲究在除夕把一切该切出来的东西都切出来,省得在正月初一到初五再动刀,动刀剪是不吉利的。这含有迷信的意思,不过它也表现了我们确是爱和平的人,在一岁之首连切菜刀都不愿动一动。

 二十三日を過ぎると更に忙しくなり新年は瞬きする間にやってきます。大晦日の前に春聯を貼らねばならず大掃除もしなければばりません。豚肉、鶏肉、魚、野菜、餅なども充分に用意しなければなりません。少なくとも一週間分は----以前は多くの店が五日間休み六日にやっと店を開いたのです。もし数日分の食べ物を準備しなかったら補充は難しいことでした。そしてその頃の主婦たちは大晦日の内に一切の包丁仕事をすませるように気をつけて、正月の一日から五日までは刃物を使わないようにしていました。刃物は縁起が悪いからです。けれどこの風習は、平和を好む私たちは年の初めに包丁すら使いたくありません、という気持ちを表しているのです。 

  ⑥除夕真热闹。家家赶作年菜,到处是酒肉的香味。老少男女都穿起新衣,门外贴好红红的对联,屋里贴好各色的年画,哪一家都灯火通宵,不许间断,炮声日夜不绝。在外边做事的人,除非万不得已,必定赶回 家来,吃团圆饭,祭祖。这一夜,除了很小的孩子,没有什么人睡觉,而都要守岁。

 大晦日はとても賑やかです。どの家も料理に忙しく、至る所ご馳走の匂いが漂います。老いも若きも新調の衣服で、家の外には真っ赤な聯を掛け、部屋には華やかなお正月の画を飾ります。どこの家も夜通し灯をともしています。消してはいけないのですよ。爆竹の響きは昼も夜も絶えません。家を遠く離れている人々は、已む無い場合を除いては必ず帰省して一家揃って食事をし、祭事をします。この晩はとても小さい子供を除き誰も寝ないで年越しをします。

  ⑦元旦的光景与除夕截然不同:除夕,街上挤满了人;元旦,铺户都上着板子,门前堆着昨夜燃放的爆竹纸皮,全城都在休息。

 元旦の様子は大晦日とは明らかに違います。大晦日、通りは人でいっぱいです。元旦、お店はみな板戸を立てて、門の前には昨夜の爆竹の燃殻がうず高く残り、街中がお休みです。  

  ⑧男人们在午前就出动,到亲戚家,朋友家去拜年。女人们在家中接待客人。同时,城内城外有许多寺院开放,任人游览,小贩们在庙外摆摊,卖茶、食品和各种玩具。北城外的大钟寺,西城外的白云观,南城的火神庙(厂甸)是最有名的。可是,开庙最初的两三天,并不十分热闹,因为人们还正忙着彼此贺年,无暇及此。到了初五六,庙会开始风光起来,小孩们特别热心去逛,为的是到城外看看野景,可以骑毛驴,还能买到那些新年特有的玩具。白云观外的广场上有赛轿车赛马的;在老年间,据说还有赛骆驼的。这些比赛并不争取谁第一谁第二,而是在观众面前表演骡马与骑者的美好姿态与技能。  

 男たちは午前中にもう動き出して、親戚や友達の家にお年始に行きます。女たちは家でお客の接待です。そして街の内外では多くの寺院が開放されるので自由に見て回れます。廟の外では行商人が露店を出してお茶や食べ物、玩具などを売ります。北城外の大鐘寺、西城外の白雲観、南城外の火神廟が最も有名です。けれど、最初の2,3日はそれほど賑わいはしません。人々は新年を祝うのに忙しくてそんな余裕がないのです。5,6日になって廟の縁日は賑わい始め、とりわけ子供たちは心弾ませてやって来ます。郊外の景色をみてロバにも乗れるし、お正月ならではの玩具も買えるのです。白雲観外の広場では自転車や馬の競技も催されます。昔は駱駝のレースだったそうですよ。こういった試合は一着二着を争そうものでは決してなく、観衆の前で驢馬や馬と乗り手の勇姿や技を披露するものでした。

 ⑨ 多数的铺户在初六开张,又放鞭炮,从天亮到清早,全城的炮声不绝。虽然开了张,可是除了卖吃食与其他重要日用品的铺子,大家并不很忙,铺中的伙计们还可以轮流着去逛庙会、逛天桥,和听戏。  

 多くの商店は初六に店を開けて、また爆竹です。夜が明けてからは街中に爆音が絶えません。開店したとはいっても点心や日常品のお店以外は忙しくはないので、店員たちは順番に縁日や天橋辺りをぶらついて大道芸を見たりします。

  ⑩元宵上市,新年的高潮到了——元宵节(从正月十三到十七)。除夕是热闹的,可是没有月光;元宵节呢,恰好是明月当空。元旦是体面的,家家门前贴着鲜红的春联,人们穿着新衣裳,可是它还不够美。元宵节,处处悬灯结彩,整条的大街像是办喜事,火炽而美丽。有名的老铺都要挂出几百盏灯来,有的一律是玻璃的,有的清一色是牛角的,有的都是纱灯;有的各形各色,有的通通彩绘全部《红楼梦》或《水浒传》故事。这,在当年,也就是一种广告;灯一悬起,任何人都可以进到铺中参观;晚间灯中都点上烛,观者就更多。这广告可不庸俗。干果店在灯节还要做一批杂拌儿生意,所以每每独出心裁的,制成各样的冰灯,或用麦苗作成一两条碧绿的长龙,把顾客招来。

 元宵団子が店頭に並びお正月は最高潮に達します-----元宵節(旧暦1月13日から17日まで)。除夜は賑やかですが月が出ないのです。元宵节には良い塩梅に明るいお月さまが空にかかるのですよ。元旦に人々は門前に赤い春聯を貼り服を新調し着飾りますが、まだまだ美しさには欠けます。元宵节にはいたるところ提灯で彩られ街中がお祝いとなり盛大できれいなのです。有名な老舗は数百もの灯りを掛け、全部ガラス製のもあり、すっきりと牛の角だけを用いた提灯もあり、薄紗貼りで揃えた店もあります。また様々な形と色彩のものもあって《红楼夢》や《水滸伝》の物語を通しで写したものもあるのです。これは、当時にあって一種の広告ですね。提灯を下げてあれば誰でも中に入って見ていいのです。夜になってロウソクを中に灯せば客は更に多くなります。この広告は決して俗っぽくないのです。干し果物店は提灯祭にも砂糖漬けで一儲けしたいのですから各店が独特の意匠を凝らして氷灯籠を作ったり、麦苗でエメラルドグリーンの龍灯を作ったりして客を呼び込みます。

 ⑪除了悬灯,广场上还放花合。在城隍庙里并且燃起火判,火舌由判官的泥像的口、耳、鼻、眼中伸吐出来。公园里放起天灯,像巨星似的飞到天空。

 提灯の他にも広場では 花火を打ち上げます。鎮守の社では閻魔にまで火をつけるのです。土でできた閻魔様の口、耳、鼻、目が火を吹きます。公園ではぼんぼりを空に放ちます。大きな星が空を飛んで行くようですよ。 

 ⑫ 男男女女都出来踏月、看灯、看焰火;街上的人拥挤不动。在旧社会里,女人们轻易不出门,她们可以在灯节里得到些自由。   

 男も女も夜の散歩に出かけ、灯りを眺め、花火を見ます。通りは人でごった返しています。昔は女の人は気易く外出できませんでしたから、提灯祭は些かの自由を与えるものであったのでしょう。

 ⑬ 小孩子们买各种花炮燃放,即使不跑到街上去淘气,在家中照样能有声有光的玩耍。家中也有灯:走马灯--原始的电影--宫灯、各形各色的纸灯,还有纱灯,里面有小玲,到时候就叮叮的响。大家还必须吃汤圆 呀。这的确是美好快乐的日子。

 子供たちは色々な花火や爆竹を買って放ちます。たとえ街に遊びに出かけなくても、やはり爆竹の音もあり提灯の明かりもある家の中で楽しいのです。 家にも提灯がありますからね。走馬灯や----原始的映画ですね---- 宮灯や色々な紙提灯、紗提灯、中には小さな鈴が入っていてリンリンと鳴ります。もち米のお団子も必ず食べますよ。確かに素晴らしい楽しい日々です。

  ⑭一眨眼,到了残灯末庙,学生该去上学,大人又去照常做事,新年在正月十九结束了。腊月和正月,在农村社会里正是大家最闲在的时候,而猪牛羊等也正长成,所以大家要杀猪宰羊,酬劳一年的辛苦。过了灯节,天气转暖,大家就又去忙着干活了。北京虽是城市,可是它也跟着农村社会一齐过年,而且过得分外热闹。

  瞬く間にお祭りは終わりとなって学校が始まり大人も日常の仕事に戻ります。新年は正月19日に終わるのです。師走と正月は農村ではみんなが一番暇な時期であり、家畜も育つので豚や羊を屠って一年の労働へのご褒美とするのです。提灯祭を過ぎると気候も暖かくなって、また仕事に精を出すのです。北京は都市ではありますが農村と時期を同じく正月を迎え、非常に賑やかに過ごすのです。

 ⑮ 在旧社会里,过年是与迷信分不开的。腊八粥,关东糖,除夕的饺子,都须先去供佛,而后人们再享用。除夕要接神;大年初二要祭财神,吃元宝汤(馄饨),而且有的人要到财神庙去借纸元宝,抢烧头股香。正月初八要给老人们顺星、祈寿。因此那时候最大的一笔浪费是买香腊纸马的钱。现在,大家都不迷信了,也就省下这笔开销,用到有用的地方去。特别值得提到的是现在的儿童只快活地过年,而不受那迷信的熏染,他们只有快乐,而没有恐惧--怕神怕鬼。也许,现在过年没有以前那么热闹了,可是多么清醒健康呢。以前,人们过年是托神鬼的庇佑,现在是大家劳动终岁,大家也应当快乐地过年。

昔のお正月は迷信と分かち難いものでした。腊八粥、関東糖、除夜の餃子などは、必ず先に仏様にお供えしてから頂くのです。除夜は神様を迎え、新年2日は恵比寿様を祭って元宝スープ(ワンタン)を食べます。恵比寿神社にお参りして紙元宝を頂きお線香を点すのに一番乗りを争そう人たちもいましたよ。新年8日はお年寄りの運気が整うよう願って長寿を祈ります。このため当時は、線香、ロウソク、紙馬などは最も大きな散財でした。今では人々は迷信など気にせずに、それに係わる出費を省き、もっと有効にお金を使うようになりました。とりわけ今の子供たちはただ楽しくお正月を過ごします。迷信の影響を受けずに、愉快になにも恐がらず---祟りに怯えたりせずにね。いまのお正月は以前ほど賑やかではないかも知れませんが、すっきりと健康的ではないでしょうか。昔は正月とは神仏の庇護を求めるためのものでした。けれど今ではお正月とは一年中働いた人々が楽しく過ごす行事であるべきですよね。
[PR]
Commented by dangao41 at 2012-01-11 21:54
①所以人们并不因为寒冷而减少过年与迎春的热情
④街上 就 有 多少 多少 卖 麦芽糖 与 江米 糖 的
④糖 形 或 为 长 方块 或 为 大小 瓜 形
Commented by dangao41 at 2012-01-14 14:48
⑭到了残灯末庙
⑮抢烧头股香
⑮正月初八要给老人们顺星
Commented by dangao41 at 2012-01-15 10:34
过农历的新年,差不多在腊月的初旬就开头了
正月は大体旧暦の12月初旬に始まります
: 梁実秋
: 使人忍不住要多吃几个饺子
つい余計に食べてしまいます
: 买杂拌儿
: 从一擦黑儿鞭炮就响起来
。黒い爆竹に火をつけて
: 美其名叫送灶王上天
お名前を唱えながら天にお送りするのです
: 曰
外出するのは已む無い場合だけで、
: 逛天桥,和
by dangao41 | 2012-01-15 08:25 | 老舍 | Comments(3)