匆匆

                               匆匆               朱自清

燕子去了,有再来的时候;杨柳枯了,有再青的时候;桃花谢了,有再开的时候。但是,聪明的,你告诉我,我们的日子为什么一去不复返呢?——是有人偷了他们罢:那是谁?又藏在何处呢?是他们自己逃走了罢:现在又到了哪里呢?

 飛び去ったツバメは再び渡来します。葉を落とした柳は再び芽吹きます。散った桃の花は再び咲きます。しかし、聡明である、あなたは私に教えてください、私たちの日々は過ぎ去ったらなぜ戻ってこないのでしょうか?-----盗んだ人がいるのなら、それは誰でしょうか?そしてどこかに隠しているのでしょうか?彼らが自分で逃げて行ったのでしょうか?今はどこ迄行ってしまったのでしょうか?
    
  我不知道他们给了我多少日子;但我的手确乎是渐渐空虚了。在默默里算着,八千多日子已经从我手中溜去;像针尖上一滴水滴在大海里,我的日子滴在时间的流里,没有声音,也没有影子。我不禁头涔涔而泪潸潸了。

 どれほどの日々を私が与えられているのかは知らないが、私の手元が次第にからっぽになっているのは確かだ。心の中で数えてみれば、すでに8千余りの日々が私の手からこぼれ落ちている。針先ほどの一滴の水が大海に滴るように、私の日々は時間の流れの中に滴り落ちる。音もなく、影すら見せずに。堪えきれず私は項垂れてはらはらと涙を流す。
  
  去的尽管去了,来的尽管来着;去来的中间,又怎样地匆匆呢?早上我起来的时候,小屋里射进两三方斜斜的太阳。太阳他有脚啊,轻轻悄悄地挪移了;我也茫茫然跟着旋转。于是——洗手的时候,日子从水盆里过去;吃饭的时候,日子从饭碗里过去;默默时,便从凝然的双眼前过去。我觉察他去的匆匆了,伸出手遮挽时,他又从遮挽着的手边过去,天黑时,我躺在床上,他便伶伶俐俐地从我身上跨过,从我脚边飞去了。等我睁开眼和太阳再见,这算又溜走了一日。我掩着面叹息。但是新来的日子的影儿又开始在叹息里闪过了。

 去るものは去り、来るものは来る、しかし過去と未来の間は何故に又このように慌ただしいのか?朝に目覚める頃、部屋に低く射し込んでくる陽の光。太陽には足があって、静かにこっそりとその足を動かす。私はぼうっとその動きを追う。そして----顔を洗う時に、時間は水桶の中から去る。食事の時に、時間は茶碗の中から去る。ただ黙っている時、見詰めている目の前から去っていく。彼がそそくさと去ってしまうのを察知して、手を伸ばし引きとめようとした時には、その引きとめる手からも去ってしまう。夜がきて床に横になれば、素早く私の体を跨いで、足のあたりから飛び去っていく。私が目を覚まして再び太陽を見たときは、また一日がこっそりと逃げ去ったわけである。私は顔を覆ってため息をつく。しかし新しくやってきた日々の影もすぐにため息の中からさっと逃げていく。
  
  在逃去如飞的日子里,在千门万户的世界里的我能做些什么呢?只有徘徊罢了,只有匆匆罢了;在八千多日的匆匆里,除徘徊外,又剩些什么呢?过去的日子如轻烟,被微风吹散了,如薄雾,被初阳蒸融了;我留着些什么痕迹呢?我何曾留着像游丝样的痕迹呢?我赤裸裸来到这世界,转眼间也将赤裸裸的回去罢?但不能平的,为什么偏要白白走这一遭啊?

 飛ぶように逃げ去っていく日々、この広い広い世の中で私は何か成せるのであろうか?ただ当てもなく徘徊するのみ、ただ忙しなくするのみだ。慌ただしい八千余りの日々を、うろうろする以外に、まだ何かする余地があるだろうか?過ぎ去った日々は煙のように軽く、そよ風に吹かれて散っていく。薄い霧のように、明け方の太陽に照らされて蒸発する。私はどんな痕跡を残してきたのであろうか?くもの糸ほどの痕跡であれ残せるものなのだろうか?私は丸裸でこの世界にやってきて、またたく間に裸のまま去っていくのか?けれど、そんなことはできない、むざむざと無為な日々をどうして送れるものか?
  
  你聪明的,告诉我,我们的日子为什么一去不复返呢?

 聡明なあなた、教えてください、私たちの日々は一旦過ぎてしまったら何故に帰ってこないのですか?
  

  1922年3月28日
  (原载1922年4月11日《时事新报·文学旬刊》第34期)

whyさんの朗読  http://www.youtube.com/watch?v=axnY0DFpFWM&feature=share
  
[PR]
Commented by dangao41 at 2011-10-05 18:07
但我的手确乎是渐渐空虚了
在千门万户的世界里
只有徘徊罢了
但不能平的,
为什么偏要白白走这一遭啊?
Commented by dangao41 at 2011-10-05 19:35
聪明的,你告诉我 と 你聪明的,告诉我 ニュアンスの違いある?
Commented by hanyu07 at 2011-10-06 20:11 x
まあ、もうこちらも訳されたのですね。わたしも、音読の練習をする前に訳そうとは思っていたのですが、いつになることやら。。
また、安妮宝贝 春宴 は、まさしく、ここにもありました。
http://www.chunyan.org/
中国語の小説サイトは沢山あるのですが、DLできそうで、できない?というサイトがよくあります。
検索の方法として、一番簡単なのは、「安妮宝贝 春宴 txt」と、txtをつけることかも。。
Commented by dangao41 at 2011-10-06 22:47
ありがとうございます。開けた一番最初をコピーしましたが、第一章 歧照 书信和写作の①ですね?込み入った漢字が沢山あってちょっと怖いです。蓮池が終わったばかりだから、目標は下旬あたりでしょうかしら?
txtをつけると本文を出せるのね、とても良い情報でした。
Commented by hanyu07 at 2011-10-07 11:55 x
なんどもお騒がせしていますが、たぶん全文のテキストファイル見つけられました。
サイトを見つけるのも難しいですが、またそこから、ダウンロードしたり、文字化けを直すのもやっかいでした。
ただ、これで中国でのテキストファイルの見つけ方や、表示方法などがわかりました。
あとで、もといさんへ、お送りしましょう。もといさんは電子辞書は持っていますか?このテキストファイルを電子辞書に入れると、すぐに辞書で調べられてとても便利です。
Commented by dangao41 at 2011-10-08 09:11
我何曾留着像游丝样的痕迹呢 現在継続まで
但不能平的 バランス
在千门万户的世界里  沢山の
他便伶伶俐俐地从我身上跨过 軽く       
Commented by dangao41 at 2011-10-08 09:55
hanyuさん、「このテキストファイルを電子辞書に入れると、すぐに辞書で調べられてとても便利です」 これ初耳です。電子辞書はセイコーのSIIとキャノンのV90がありますが、入れられるのですか?それとも電子辞書ってパソコンのかなにかですか?
Commented by hanyu07 at 2011-10-08 13:19 x
テキストビューワーという機能がないとだめです。
わたしの持っているカシオは、この機能があります。
キャノンは、最近はその機能があるようですが、カシオに比べると使いずらいようです。
ということで、テキストビュワーを目的に買うのでしたら、カシオの電子辞書がいいですよ。
PCの中国語を電子辞書に入れる機能があって、それでただ読んでもいいし、調べたければ辞書にジャンプしてもいいという感じです。
わたしは、これを買いました。
http://casio.jp/exword/products/XD-B7300/
しかし、わたしのブログにakiraさんが書いているように、中国で出ているカシオのこれ
http://www.casio.com.cn/dic/product/E-B300/index.html
は、さらに中中辞典が充実していて、日本のカシオが苦手な例文検索もこちらは出来るらしいです。
日本でもヤフオクで「E-B300」で探せば買えます。
ただ、中国でも値段を見たのですが、値段はどちらもおなじくらいです。
もといさんなら中国仕様でも使いこなせると思いますよ。
Commented by dangao41 at 2011-10-08 16:29
見にいきましたがどういう物かよく分からなかったです。すみません。誰か使っている人を見つけて、実際にパフォーマンスを見せてもらわないと、ダメみたいです。
Commented by why at 2011-10-19 23:23 x
こんばんは!duoとdouの違いですね。発音するときの唇の形に注目してください。あまり上品なことではないのかもしれませんが、心もちポカ~んとしている感じかしら、唇に力が入らず、自然な形で半開きになっているのがduo。唇に力を入れて、すぼめて真ん中だけ小さな空気の通り道を作る、唇にしわを寄せているのがdouです。
耳で聞き分けるときは、母音に注目してください。大変アバウトですが、最後に耳に残る音がeに近ければ、duoで、「あいうえお」の「う」にちかければ、douですね。目と耳をフル稼働させて、確かめてみてください。
Commented by why at 2011-10-19 23:38 x
着の使い方、いろいろありますが、理詰めで考える必要はありませんが、一応よくある使い方は知っておいたほうが便利かもしれませんね。
動作が続いている。例:正吃着飯。これは日本語の「・・・ている」に相当しますね。
状態が続いている。言い換えれば、動作が終わってもその結果が持続している。 例:墙上掛着一幅画。これは日本語の「・・・てある」に近いのではないでしょうか。
それから、形容詞の後ろにつける場合もありますね。程度を強調するときに使うことが多いです。他身体好着呢。
動詞+着で介詞を作るのは、多くの場合、方向や目的などを指示するのに使います。・・・に、・・・へ、・・・のためにといった感じですね。
着は非常に高い頻度で使う言葉ですので、まずは辞書に載っているすべての用例を覚えておいたほうが感覚がつかみやすいかと思います。

Commented by dangao41 at 2011-10-20 13:02
whyさん、今お忙しいのにお返事いただいて申し訳なかったです。今度のスカイプで教えてください、って積りだったのです。メモしとかないと何が分からなかったかも忘れてしまうので。一言足りなくて、ごめんなさい。>まずは辞書の用例を覚える。例文、短いとはいえ沢山あるけど地道にやってきます。どうもありがとうございました。
Commented by hanyu07 at 2011-10-20 13:49 x
duoとdouの違い。。これは、もしや、「多と都」の区別でしょうか。わたしも間違います。発音では、区別できているらしくても、それなりの速さの会話や朗読を聞き取ると、もうどっちがどっちだかは、文の意味でなんとなく。。となってしまいます。
Commented by dangao41 at 2011-10-20 18:50
そうです。最近、注意深く音声を聞くようになりました。今まではBGMだったわけですね。そうしたら私の耳にはどちらちともつかずに聞こえるのです。zouなんかの発音も注意されましたし。二重母音の小さい口の母音はきちんと言えてなくて、よく聞こえてないのかと思います。
Commented by dangao41 at 2011-10-30 14:00
来的尽管来着  着は進行形、今迄も、今も、これからも来るの
Commented by hanyu07 at 2011-11-08 22:09 x
こんにちは。あらためて、この「匆匆」を読んで見ると。わかるような、わからないような。。やはり、わたしには、文章のどこかの解釈ができていないのかもしれません。んん。
Commented by 春月 at 2011-11-09 08:49 x
こんにちわ。
「着」はふつう「持続」と説明されます。比較的短時間に終わる動作で、その動作のあと状態が長く続くもの(「立つ」とか「開ける」とか)につきやすい。

门开着。(ドアが「開いた状態で持続している」)

去的尽管去了,来的尽管来着;去来的中间,又怎样地匆匆呢?

去るものがさっさと去ると、次々に来るものが来るけど、「去る」と「来る」の間があわただしくて、来たそばからまた去る。顔を覆って(動詞A+着+動詞B=AしながらBする)溜息をつくと、その溜息に混じって指の隙間から去る・・。

かといって、何も持たずに生まれて、何も持たずに死んで・・、それで「平了」(これ難しいですね、±ゼロ、ということでしょうか?)ですませるのもいやだ、たとえ蜘蛛の糸ほどのかすかな痕跡でも残したい。

という作品でしょうか。でも去年きた燕と今年の燕、去年咲いた桃の花と今年の桃の花、違うんですけどね~。同じだと思うのは人間の勝手で、もっと短いサイクルで命をつないでいる。私たちの日々も、どうせ忘れるから勉強しない・・、ってわけにはいきませんしね~。^^
Commented by dangao41 at 2011-11-09 17:23
hanyuさん、私も同様ですが謙虚さに欠けるせいか感性の問題、と思ってました?! ま、「读书百遍,其义自见」と読んだ事があります。発音練習でたくさん朗読したら理解がすすむかも、と期待して。


Commented by dangao41 at 2011-11-09 17:43
春月さん、ありがとうございます。短くポイントで説明してくださるので理解しやすい・・・ような、やはりよく分からないような・・・ここの文の場合、来着があるなら、次々と去っていくのだから→「去的尽管去着」とはいえないのかしら、揃えた方がきれいなのに、とか思ってしまうのですけれど。ご説明頂いたのに全く文法から離れてましてすみません。
燕も花も去年と違う、確かに。情緒は美しい誤解をもって醸されるのかも、ですね。


Commented by 春月 at 2011-11-09 20:45 x
ん~、「去る」ほうはどんどん行ってそれきり(捕まえたくても捕まらないし)なので「了」、埋めるように「来る」ほうは次々来るから「着」がやっぱりいいような気がしますねえ。「来る」も続けざまに来るのだけど、でもすぐ「去る」んですよね。続く文は、「来ては去る」例ばかりで。。 ・・などと教室ではこじつけて解説しそうです。^^
Commented by dangao41 at 2011-11-10 10:08
おはようございます。すごく変な質問した気がしています。私はいつもこうやって感覚で読んでるのだわ、って思います。お返事いただいて恐縮です。
ドラマは一番初めに見た「小家大事」が面白かったので次に続きました。これは上海姑がヒロインのホームドラマ(多分)。今は「平淡生活」を見ています。こっちはナレーションがあるのです。その部分は映像の助けがないので、いちいち止めて調べなければなりません。見たいドラマをたくさん取り込んでありますが、家事はかなり手抜きとなるのでコントロールしなければ。
Commented by hanyu07 at 2011-11-11 09:40 x
もといさんってば、こんなにたくさん中国語を訳されているのだから、その訳されている原文が好きなのかなと思うと、意外に「よくわからない」と思われている作品があるのが可笑しいです!
で、そんなもといさんが訳されたり訳してなくても読んだ、作家では、今のところ誰がお気に入りなのですか?(って、メールみたいだ)
Commented by dangao41 at 2011-11-11 17:35
中国の物は話の筋が、どうしてこうなるの???が多くてよく分からないのですよ。(映画やTVドラマも部屋の中とか路地の様子などの方が面白くてストーリー的には突飛さの方が強いです)
まだ内容よりも、見ている漢字から情景が浮かんでくることの方が楽しいです。日本語で読んでいる時は自分の持っている言葉の概念以上のものは出てこないでしょう、中国語だとよく分かっていない分、妄想の幅が大きくなりますからね。私は風景が描写されているのが好きです。蓮池とか、whyさんに戴いた「辺城」というのも、景色がきれいなので好き、でも筋はよく読めていないのですがね。そして一番は魯迅の「宮芝居」、子供たちが、自分たちだけで隣村まで舟を漕いでいった夜のシーンは始めて読んだ中国語の物語だった事もあり、わくわくしました。
Commented by dangao41 at 2011-11-11 18:53
大好きなのがもう一つありました。「城南旧事」林海音、台湾の作家のものです。ただ残念なのは私は先に映画を見てしまったのです。まあ、本の文字だけでは理解できなかったとは思いますが。でもhanyuさん向けではないかもしれません。前にも言ったかしら、余華の「兄弟」の上巻も面白いですよ。下巻はそうでもなかったけれど。
Commented by hanyu07 at 2011-11-12 15:51 x
「城南旧事」林海音は、あの人の旦那さんですね。わたしがこれを読めるようになるのは、2年くらい先のような気がします。映画はわたしも、公開時に見た記憶があるのですが。。余華も、何れ。。
ところで、この匆匆の訳を中国の方と話していて、わたしの訳は、特に「为什么偏要白白走这一遭啊? 」が違うと言われました。「わたしの人生を無駄に送るのは、」ではなくて。。「無駄に送っている人生を、、」あ、きちんとメモをしなかったので、あやふやですが。あと、反語でなくて「なぜ?」で訳した方がいいのでは?と、おぼつかない日本語で言われました。
もし、機会があれば「なぜ?」の方にお尋ねください!
Commented by dangao41 at 2011-11-12 17:17
どなたのご主人なの?じゃなくて奥さん?本の写真を見ましたが、「夏」氏と結婚しているわ。婚姻的故事も入っているからいつか読みましょう。映画、良かったですよね。私は日本語字幕付で見たから、原作を読んだ時はもうサクサクと驚異的スピードで進みましたよ。
匆匆、先生もhanyuさんのこのコメントご覧になっているかもだから、次回に教えて頂きます。
Commented by hanyu07 at 2011-11-12 18:58 x
いろいろ勘違いしていました。。
なぜか、「城南旧事」「围城」を城がつくだけで勘違いしてしまいました。そして、「围城」は、林おばあさんの「杨绛」の旦那さんですよねえ。
Commented by dangao41 at 2011-11-12 19:39
そうでしたか。「围城」は日本語のを買いましたが読めないのです。先生がとても面白いとおっしゃるので、読みたいのだけれど・・・
Commented by dangao41 at 2011-11-14 09:50
hanyuさん、教えてもらったのですがメモが汚くて意味不明になりました。为什么も偏も強調、だったかな?さて自分で考えてと、なるほど、「なぜこの人生を無駄に生きなければならないのですか?」とすれば、最後のリフレインが効いてきますね。
Commented by hanyu07 at 2011-11-14 09:57 x
メールのように、使って申し訳ありません。
「围城」の日本語版があるとは知りませんでした。調べてようやく、この小説が、城とは関係が無さそうだということがようやくわかりました。そして、中古で探し見つからなかったら、ぜひぜひお貸しください!
あと、ネットでこの小説の記事を探していると、whyさんの2005年のブログ記事がヒットしたのですが、また中国の方が、その4年後にwhyさんの記事を全文引用していました。。
匆匆の朗読はボロボロだったので、もう少し中国語風にしたいものです。。
Commented by dangao41 at 2011-11-14 10:05
>4年後にwhyさんの記事を全文引用していました。これを教えてください!「围城」訳本は廃番なの。もちろんお貸ししますよ。古本だけれども。渡辺淳一も読み終わったし、hanyuさんに回してあげたいの他にもありますからね。
Commented by hanyu07 at 2011-11-15 10:28 x
もはや、完全にメールですね。
こちらに載せていいものやら?
こちらの記事になります。
http://book.douban.com/review/2024507/
by dangao41 | 2011-10-06 17:06 | 朱自清 | Comments(32)