告訴你一個真實的韓國     孔慶東

                                      孔慶東 2008
  
  韩国人是奴性心态的两面,一方面极度仇视日本,另一方面又极度巴结日本。我在韩国两年,参加汉学学术会议时,韩国主办者都是先请日本学者上车,鞠躬90度,然后请台湾学者上车,不鞠躬。最后轮到大陆学者,车就不够了,长者还可以挤一辆,年轻的就自己打车走了。而私下,他们又大骂日本,一副不共戴天的样子,说得日本一无是处。这都是殖民地心态的表现,也许过二三十年才能缓过来。不要怪韩国,生气也没用,中国自己搞好了,韩国这种趋炎附势的国家自然会浪子回头的。

 韓国人の奴隷根性には二つの面がある。一方では日本を極度に敵視し、その一方では極度にへつらう。二年間の韓国滞在中、漢学学術会議に出席した事がある。韓国側主催者は何れも先ず日本人学者を車に乗せ90度のお辞儀をし、次に台湾人学者をお辞儀無しで乗せた。最後が大陸中国人の番で、車が十分になければ年輩の人でさえ一台に詰め込まれ、若い人は自分でタクシーを拾った。そのくせ蔭では悪口で、日本は何もかも間違っていると、共存できないかの様である。これは全て植民地意識の表れで二、三十年もしたら緩和するかもしれない。韓国をおかしいと思うことはないし腹を立てる事もない。中国はきちんとやればいいのだ。韓国のようなおべっか使いは自然と変わっていくものだ。
  
  电视剧是一个国家的隐私。换句话说,要想了解一个民族就要先从它的电视剧看起。印像中,日剧非常平素,里面的人都是平民,生活不怎么讲究,吃饭时也不会像韩剧里的人一样把苹果削成N块,或者是摆一满桌的菜,他们吃就吃,一个苹果拿到手里一口咬到底。看日剧你绝不会感到一种对富贵的炫耀,一种对精美的刻意修饰,因为它的镜头多数是和你我一样的普通人。房子也许很大,但却不夸大,有时房子很小但却相当的素实。

 テレビドラマはその国の私生活を映す。言い変えると、その国民を理解したければ、先ずその国のテレビドラマを見ると云う事だ。日本のドラマは日常的な映像である。登場人物はみな普通の人々であり、暮らし振りもさほど凝っていない。食事シーンも韓国ドラマのようにリンゴを飾り切りしてNにしたりはしないし、テーブル一杯に料理を並べることもなく、食べるは食べる事であって、リンゴは手に持ち一口ずつ齧っていく。日本のドラマから金満のひけらかしや、精美な意匠を凝らした装飾は全く感じられない。なぜなら場面の人々はあなたや私のような普通の人々だからである。部屋は広かったとしても広すぎることはないし、時には部屋はかなり狭く、それがまたリアリティを出している。

  这是我小时对日本的最初的印像,那时正是日剧流行的时候,由于年龄尚小,至今只留下模糊的影子。不知道为什么,成为发达国家的日本人喜欢把镜头对准那些与自己身份无法匹配的平民,一如中国总会把镜头对准贫穷的西部,落后的农村,对准荒芜的生命。今天的中国,都市青年在崛起,电影中,.国现代化进程的少之又少,好像中国人无法把握这种进程!日剧里似乎很少有奢华的场面、故作声势的浩大、故作高雅的男人和女人,一切都是真实的。日剧中的女人为男人端水,直接端过去;日剧中的女人为男人做饭,不需要说今天是生鱼片还是中国菜或者意大利面。这一点与韩剧正好相反,韩剧充满了无时无刻的炫耀。日剧中的女人去开门,不需要装腔作势地看着显示频问,“是妈妈吗?”日剧里平民们没有按在门上的显示频,他们是随和的,无法理解日剧里那些小得不能再小的屋子,那些单调得不能再单调的风景,那些贫穷得不能再贫穷的人们,难道还有更高的隐寓?就像不能理解中国影视中的干枯的身躯,饥渴的眼睛,寸草不生的大地。前几年,中央电视台似乎放了一个日剧,当时我没看,因为想着没有什么改变也就罢了。也许是因为习惯了韩剧梦幻般的煽情。

 これが私が小さい時の日本の第一印象だ。その頃日本のドラマがちょうど流行っていて、まだ子供だったから今ではその印象もおぼろげに残っているだけだ。なぜか分からないが、発達した国の日本人が好んでレンズを貧しく苦労している人々に合わせる。同様に中国もいつでもレンズを貧しい西部、遅れている農村、荒れ果てた生命に向ける。今日の中国には、都会青年も出現しているのに、映画の中には現代的な映像は極めて少なく、まるで中国人はこのような現代を把握できないかのようである。日本のドラマには贅沢な場面や、わざとらしい強い台詞の調子や、不自然に優雅すぎる人物などはとても少ないようであって、リアリティがある。女性は男性にお茶を運んであげる。女性は男性のために食事の支度をするが、今どきの事、刺身から中華料理からスパゲッティまで料理するのは言うまでもない。この点に於いていつ何時も眩い韓国ドラマとまさに正反対である。日本ドラマの女性はドアを開けに行って、もったいぶったポーズでインターホンに向けて「お母さんなの?」などと聞いたりしない。劇中の庶民はドアのインターホンを押したりしない。彼らは人付き合いがよく、これ以上小さくしようのない部屋で、これまた単調しごくな情景と、貧しいことこの上ない人々、何か深い意味でもあるのだろうか?があるとでもいうのか?これは中国映画のやせ細った体、飢えた眼差し、草も生えない大地が理解できないのと同じようなものだ。数年前、中央テレビが日本のドラマを放映したようだが、当時の私はたいして変わりがないと思っていたので見なかった。多分、韓国の非現実的な情緒ドラマに慣れ切っていたからかもしれない。
 
  再说韩剧,太多了,然而一个模式,一个样子,所有的演员大大的眼睛,性感的双唇,考究的打扮。一百个韩剧,就有一百个住在别墅一样屋子里的男女主人,其实真实的韩国并非如此,真实的韩国就像日剧中的普通的男女。有趣的是,现实里的日本却像韩剧中的男女,考究的饮食,讲究的服饰和美丽的住宅。 关于韩剧我不想多说,大家心理难道想的不多吗?网上关于韩剧与韩国的讨论难道还少吗?看的韩剧越多的人越是对真实的韩国失望,对真实的韩国失望就会丧失对这个国家和这个民族最初的美好感情。一个国家的美,不是靠电视,不是靠包装,而是靠那些远到而来的客人。到过韩国的人都说韩国没有韩剧中的美,到过日本的人惊叹日本的富有和人民的素养,而这似乎很少在日剧中表达。这是何等的反差,越是将自己摆得高高在上,越是让人无法忍受。韩剧中经常会流露出韩国作为富有国度的自负和对他国的无知,比如《人鱼小姐》中,女主角说:“中国菜有什么好吃的,换来换去就是那几样。”而日剧似乎从未有过,至少在我看过的所有日剧中,它从未流露过对他国文化的贬损和自以为是的无知。

 韓国ドラマに話を戻せば、数は多くても画一的であり、俳優はみな大きな瞳にセクシーな唇で、装いは凝っている。百の韓国ドラマがあれば、別荘のような家に住む男女が主人公のドラマが百である。しかし実際の韓国は全くそのような事はなく、日本のドラマと同様な普通の人々なのである。興味深いことに、実際の日本は却って韓国ドラマのようなのである。手の込んだ食事にお洒落な服と小ぎれいな家。韓国のドラマに関して多くは語りたくないが、みなさんも疑問は沢山あるでしょう?ネット上で韓国ドラマと韓国に関しての討論が少ないとでも思いますか?韓国ドラマを見る人は増せば増すほど本当の韓国に失望する人も増えている。真実の韓国に対する失望とは、彼らが初めに抱いていた韓国と韓国人への好感情の喪失につながるかもしれない。一国家の美点はテレビに依るものでも、イメージに依るものでもなく、遠くから訪れてくれる客人に依るのである。韓国を訪問した人々は皆、ドラマほど美しがないという。日本への訪問者は日本の豊かさと人々の教養に感嘆するが、これとて日本のドラマに表れる事は少ないのだ。自分を高く高くと置けば置くほど、他人は耐えがたくなると云うこのギャップは何なのであろう。韓国ドラマから常に醸し出される、自国を富んでいると見なす自負と、他国に対する無知は《人鱼小姐》のヒロインの台詞:「中国料理のどこが美味しいの、とっかえひっかえ同じような物じゃないの。」日本のドラマでは見たことがない、少なくとも私が見た物の中には、他国の文化を貶めて自国の無知をさらけ出すようなものはなかった。
 
  说了日剧,说了韩剧,再说说我们中国人自己的影视。很奇妙的组合,有时朴实无华,房子小小的,人物小小的。有时又气势恢宏,浩大的房子,奢侈的打扮。有时炫耀,有时不想炫耀,有时神秘,有时又不想神秘。但是都不会去伪装,直接告诉世界,“我就是这个样子!” 日本人也许不善于用电视的形式炫耀,他永远就像一条溪流,爱不爱他都要流过。 韩国人骨子里的自卑却是一个时时想着炫耀的民族,韩剧里的韩国人永远比日本人富有。 至于中国人,溪流也有,大海也有。不遮掩自己的贫穷,也绝不掩饰自己的富有。面对今天中国经济的高速发展,中国导演仍然时常将镜头对准中国的另一面,直面我们国家的现实。坦率地说,中国的电视剧比韩剧深刻得多。面对历史和过去,中国导演也常常将镜头对准我们国家的另一面,一个极端到另一个极端,是贫脊与辉煌。去韩国之前,我是从韩国的电视剧中了解韩国的。刚开始新鲜,想知道韩国是什么样子,可是现在,我绝对不会花一点时间在韩剧上,简直是浪费时间,觉得跟中国的电视剧简直没得比,无论是场景还是演员的表演都没有比可性,他们永远也拍不出像《大宅门》、《红楼梦》这样经典的电视连续剧。不过韩剧的编剧真的很强,有事没事都能给你拍出80集,我看韩剧总结出的经验是,如果是80集的韩剧,你只须看第1集,第10集,第25集,第50集和第80集即可。

 日本と韓国のドラマの話をしたから、我が中国の映画の話をしよう。とても興味深い組み合わせなのだが、時には質朴で地味で、家はとても小さく、人物は庶民出ある。時には意気盛んで堂々とし、大きな家と贅沢な装い。ある時は誇示し、ある時は控えめ、そして神秘的であったり、そうでなかったり。しかし、これらの全ては偽りではない。世界に向かって「これが私だ!」と有りのままを告げているのである。日本人はテレビ形式の自慢が不得意なのかもしれない。永遠にひと筋の渓流のようであり、好む好まざるに係わらず流れて行く。韓国人は骨子にある卑屈さは却って、常に彼らをして誇示させる事になる。韓国ドラマの韓国人はいつまでも日本人より裕福なのだ。中国人についていえば、渓流もあれば大海もある。貧困を隠すことなく、また決して豊かさも隠しはしない。今日の中国経済の発展スピードに向かい合っても、監督はやはり度々そのレンズを別の一面に合わせる、我が国の現実を直視するのである。率直に言って、中国のドラマは韓国と比べるとずっとシリアスである。歴史と過去に向き合い、監督は常にレンズを国の別な面にフォーカスする、極端から極端へ、みすぼらしさから輝かしさへと。 韓国を訪れるまでは、私はテレビドラマで韓国を理解していた。初めは目新しくて、韓国がどんな国かを知りたかったが、今では少しの時間たりとも韓国ドラマに使いたくない、まったくの時間の無駄である。中国のテレビドラマとは比べ物にもならない、場面といい俳優の表情といい質の良さはその比ではない。彼らは永久に《大宅门》や《红楼梦》のような素晴らしい連続ドラマを撮る事はできない。しかし韓国の脚本家は実にたくましい、内容があろうがなかろうがシリーズで80回分も作りだせるのである。韓国ドラマを見た私の経験から総括すると、80回物なら第一回、第10回、第25回、第50回、第80回を見ればそれでよろしい。

 韩国的美容、服饰和电器真的那么时尚和精致吗?我愿意在这里和各位热爱时尚的GGMM们谈谈韩国。我曾经在韩国工作了一年,回国后才发现韩流滚滚,哈韩已经哈到失去理性的程度。美容、服饰要和韩国沾边才有卖点,淘宝网上的商品也要和韩国沾边,整容要标榜韩式整容,甚至有报纸广告荒唐到标注所谓的“韩式割*”,割*也要韩式的?简直荒唐到不知廉耻! 各大电视台纷纷播出韩国电视剧,挤占中国的优秀电视剧。去韩国以前,我所看到的韩剧,是美丽的风景,俊男美女。自从去了韩国,了解韩国以后,我发现自己与这个国家越来越疏远,甚至不喜欢了,尽管韩国比较整洁,环境保护比较好。

 韓国のエステやファッション、家電などそれほど最新で精緻なのであろうか?私は現地で、流行のGGMMのファンの人たちと韓国について話し合いたいと思う。私は以前、韓国で一年間仕事をしたが、帰国して初めて韓流の過剰に気が付いた。韓流ファンはすでに理性を失くしている。美容・服飾においては韓国独自のテイストがセールス・ポイントになっているし、インターネットの淘宝の商品も韓国色を出している。美容整形は韓式を標榜し、新聞広告の中にはでたらめにいわゆる「韓式二重まぶた」をうたっているところもある。「二重」も韓式と言う必要があるのか?全く恥を知らない!大手の各テレビ局は韓国ドラマを次々と放映し、中国の優良ドラマを押しやっている。韓国に行く前に私が見た韓国ドラマは美しい場面と美男美女のものであった。韓国へ行き、韓国を理解してから、私と韓国との距離はますます遠くばかりか、嫌いになってしまった。韓国は割合にきちんとした国で、環境も保たれているにもかかわらず。

  韩国人在这个世界上最怕谁呢?是他们的另一半——北朝鲜!北朝鲜在韩国人的眼中是一条无法控制的疯狗,北朝鲜有核武器,北朝鲜正在挨饿,如果那边的人们饿疯了,也许他们会发动战争,这就是韩国人的思想和他们最担心害怕的事情。所以尽管心中讨厌美军,尽管美军在他们的国土上干了那么多不好的事,但在自己的军备能力不强的情况下,还是愿意美军留下来。自己打不过北朝鲜,唯一的办法就是留住美军,用美国来牵制对方。所以有了韩国人痛哭流涕地挽留美军的场面,如丧考妣的悲痛之下是对战争的恐惧和对自己生活的担忧,他们才不考虑什么国家脸面呢!

 韓国人が世界で最も恐れているのは誰か?それは彼らの半身----北朝鮮である!北朝鮮は韓国人の目から見れば抑えられない狂犬だ。核兵器を保持し、飢えている。もしも向こうの人々が飢えのため錯乱したら、戦争を始めるかもしれない。これが韓国人の心にあって最も心配し恐れている事なのだ。だからいくら本心ではアメリカ軍を嫌っていても、米軍が彼らの国土でどんなに多くの好ましくない事をしでかしても、自国の軍備が十分ではない状況下では、米軍の駐留を願うのだ。自身で北朝鮮を討てないから、唯一の方法は米軍の引き留めである。アメリカを相手との牽制に用いる。だから激しく泣きじゃって米軍を引きとめる韓国人もいるのだが、この親を亡くしたかのような悲嘆のもとにあるのは戦争への恐れと自分たちの生活への憂慮である。彼らは自国の面子など考慮すらしないのである! 

  韩国人不买外国产的汽车是么?韩国人70%买国产车,那余下的30%买外国车的都是些什么人呢?恰恰都是这个社会的有钱人。之所以不买外国车不是因为爱国,而是因为还没有这个经济能力。 韩国人不买日本货是么? 那么每年韩国对日本的巨额贸易逆差是怎么产生的呢? 2005年韩国对日本的贸易逆差是200多亿美元! 日本的服装,化妆品,电器可都是韩国人的最爱。韩国人特别爱国,人人愿意为国家服务是么?可有很多人为了逃避服兵役要抛弃国籍,不做韩国人了。而这些又都是些什么人呢?他们正是官员,律师,教授等上层社会家庭的子女。人们谴责他们也不是因为爱国,而是人们感到了不平等。说韩国人爱国,不如说韩国人更爱自己,就算他们爱国,也并不比我们中国人更爱国。

 韓国人は外国産の自動車を買わないかって?韓国人の70%は国産車を購入する、ではあとの30%の外国産の車を買うのは誰なのだ?もちろん韓国社会で金を持っている人間だ。であるから外国産の車を買わないのは愛国心ではなく、まだその経済力がないからだ。韓国人は日本製品を買わない?それなら、毎年の対日本の巨額な貿易赤字はどうして生まれるのだ?2005年の韓国の日本との貿易逆差は200億ドルを超えた!日本のファッション、コスメ、家電製品などはみな韓国人のお気に入りだ。韓国人の愛国心は際立っていて、人々は国のために尽くす?多くの人間が兵役を回避するためなら国籍を捨て他国人になるだろう。そんなことをするのはどんな人たちか?役人、弁護士、大学教授など上層社会の家庭の子供たちだ。他の人々が彼らを厳しく非難するのは愛国心からではなく、不公平だと思うからだ。韓国人の愛国心を言えば、彼らが自分自身をより愛しているのは言うまでもないが、仮に彼らに愛国心があるとしても、私たち中国人の愛国心とは比べることもできない。

  不要高看了韩国,中国人的豁达,智能,品位,博大韩国人永远也学不到。所以无论是历史还是将来,韩国永远只配跟在中国的后面做小学生。以韩国人的狭隘特性,韩国人永远只能是三流的小国寡民。韩国人喜欢夸耀他们比中国早20年举办奥运会,但是,事实不是这样简单,韩国是1982年获得1988年的汉城奥运会主办权,当时因为举办奥运会是一个亏本买卖,只有日本的名古屋和汉城参与申办,因为日本国民反对,名古屋后来也退出了,汉城也就轻而易举地获得了主办权。因为1984年洛山矶奥运会一举赚钱,主办奥运会又变得炙手可热了。1993年因为悉尼贿赂和不正当竞争,中国仅仅以2票告负。2001年,中国击败强大的巴黎、多伦多,大阪,以绝对优势胜出,与当年汉城的轻而易举不可同日而语。我们要看到自己国家的进步,不要总是抱怨自己的国家。回首看看20多年前的中国是什么样子,因为.错误,国民经济几乎到了崩溃的边缘,落后愚昧。短短20多年,今天的中国发生了翻天覆地的变化,国家在积极进步,一个13亿人口的大国,取得今天的成就是非常不容易的。 国家的发展需要时间,中国现在正处于经济起飞的阶段,再有20年的和平建设,中国将成为一个繁荣富强的伟大国家。
 
 韓国を買い被ってはいけない。中国人の闊達、知能、品位、博識さに、韓国人は永遠に到達できない。であるから、これまでも、これからも韓国は永遠に中国の後塵を拝する小学生なのだ。韓国人はその偏狭性の為、永遠に三流である小国のつまらない民となる。韓国人は中国より20年早くオリンピックを主催したことを自慢するが、事実はそのように単純ではない。韓国が1982年に1988年のソウルオリンピック開催国に選ばれた当時は、オリンピックの主催は収支が赤字であったのだ。日本の名古屋とソウルが立候補し、日本は国民の反対があって退いた。そこでソウルは造作もなく開催の権利を獲得したのだ。しかし1984年のオリンピックでロサンゼルスは一挙に利潤をあげ、オリンピック開催権の獲得が白熱した争いとなっていった。1993年にシドニーの賄賂と不公正な競争のため中国は2票の僅差で負けた。2001年、中国は強力なライバルのパリ・トロント・大阪を圧倒的優勢で打ち破った。ソウルが易々と手に入れた時とは全く比べ物にならないのだ。いつも政府に不満を持ってばかりいないで、私たちは自分の国の発展も認めなければならない。20年前の中国がどんな様子だったか振り返ってみよう。誤った策のために国民の経済は崩壊すれすれであったし、取り残されて愚昧であった。僅か20年余り、今日の中国には非常に大きな変化が起こっている。国家は急速な発展の中にある。人口13億の大きな国が今日の成功を得るのは並大抵のことではない。国家の発展には時間が必要であるが、いま中国は正に経済が大きく飛躍する段階にある。更に20年かけて平和を築きあげれば、中国は富み栄える偉大な国家になるであろう。
[PR]
Commented at 2011-09-23 22:20
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by dangao41 | 2011-09-29 22:09 | その他 | Comments(1)