祝福9

  鲁镇永远是过新年,腊月二十以后就火起来了。四叔家里这回须
雇男短工,还是忙不过来,另叫柳妈做帮手,杀鸡,宰鹅;然而柳妈
是善女人,吃素,不杀生的,只肯洗器皿。祥林嫂除烧火之外,没有
别的事,却闲着了,坐着只看柳妈洗器皿。微雪点点的下来了。
 
 鲁镇の正月はいつも師走の20日から火を熾す。四叔の所ではその年、臨時の男を雇わなければならなかった。それでも忙しかったので、手伝いや鶏と鵞鳥を絞めるのに柳おばさんを頼んだ。けれどもおばさんは菜食の善女で、殺生はしない、と洗い物だけ承知した。火焚き以外に仕事がない祥林嫂は手持無沙汰に座って柳おばさんの皿洗いを見ているだけだった。粉雪がちらつき出した。
  
“唉唉,我真傻,”祥林嫂看了天空,叹息着,独语似的说。
“祥林嫂,你又来了。”柳妈不耐烦的看着她的脸,说。“我问
你:你额角上的伤痕,不就是那时撞坏的么?”
“晤晤。”她含胡的回答。
“我问你:你那时怎么后来竟依了呢?”
“我么?……”,
“你呀。我想:这总是你自己愿意了,不然……。”
“阿阿,你不知道他力气多么大呀。”
“我不信。我不信你这么大的力气,真会拗他不过。你后来一定
是自己肯了,倒推说他力气大。”
“阿阿,你……你倒自己试试着。”她笑了。
柳妈的打皱的脸也笑起来,使她蹙缩得像一个核桃,干枯的小眼
睛一看祥林嫂的额角,又钉住她的眼。祥林嫂似很局促了,立刻敛了
笑容,旋转眼光,自去看雪花。

 「ああ、私はほんとに馬鹿だった。」祥林嫂は空を見上げてため息をつき独り言のように言った。
 「祥林嫂、またかね。」柳おばさんは煩わしげに彼女を見たが、「聞きたいんだけどね。額の傷跡、あの時に打ったやつかい?」と言った。
 「うーん。」彼女は言葉を濁した。
 「あの後、なんで言うこと聞いたのか知りたいね。」
 「私が?・・・」
 「あんたね、自分もそうしたかったんだろ、さもなきゃ・・・」
 「おばさん、あんなにあの人が強いとは知らなかったのよ。」
 「信じないね。あんたみたいな力持ちが撥ねつけられなかったなんて。あの後あんたは承諾したんだよ、それなのに夫の力が強かったなんて誤魔化すんだから。」
 「ああ、おばさん・・・自分で試してみればいいよ。」彼女は笑った。 
柳おばさんの皺の寄った顔は笑いで崩れて桃の種のように縮こまり、干乾びた目は祥林嫂の額を見、それから彼女の瞳の上に止まった。祥林嫂は気詰りそうに笑いを収め視線を転じて雪の花に向けた。

“祥林嫂,你实在不合算。”柳妈诡秘的说。“再一强,或者索
性撞一个死,就好了。现在呢,你和你的第二个男人过活不到两年,
倒落了一件大罪名。你想,你将来到阴司去,那两个死鬼的男人还要
争,你给了谁好呢?阎罗大王只好把你锯开来,分给他们。我想,这
真是……”
她脸上就显出恐怖的神色来,这是在山村里所未曾知道的。
“我想,你不如及早抵当。你到土地庙里去捐一条门槛,当作你
的替身,给千人踏,万人跨,赎了这一世的罪名,免得死了去受苦。”

 「祥林嫂、本当に割が合わなかったね。」柳おばさんは謎を掛けるように言った。「も少し強くやれば、あっさりと死ねたかもしれない 、そしたら良かったのにね。あんたと二番目の夫は二年と一緒に暮らしちゃいないが、もう大きな罪さ。考えてごらん、冥土へ行った時、亡者となった二人の男が争うのさ。あんたをどっちに遣ればいいのかね?閻魔様はあんたを鋸で切って二人に分けるしかないさ。あたし思うんだけど、これはほんとに・・・」
祥林嫂はぎょっとした顔つきとなった。山村でそんな事はかって聞いたことがない。
 「早いに越したことはないと思うよ。氏神様にあんたの身代わりの敷居を一つ納めて、千人に踏んでもらい万人に跨いでもらう。そうやってこの世での罪を償ってあの世での苦しみを免じてもらうんだよ。」
[PR]
by dangao41 | 2011-09-07 14:00 | 魯迅 | Comments(0)