祝福4

然而先前所见所闻的她的半生事迹的断片,至此也联成一片了。

她不是鲁镇人。有一年的冬初,四叔家里要换女工,做中人的卫
老婆子带她进来了,头上扎着白头绳,乌裙,蓝夹袄,月白背心,年
纪大约二十六七,脸色青黄,但两颊却还是红的。卫老婆子叫她祥林
嫂,说是自己母家的邻舍,死了当家人,所以出来做工了。四叔皱了
皱眉,已经知道了他的意思,是在讨厌她是一个寡妇。但是她模
样还周正,手脚都壮大,又只是顺着限,不开一句口,很像一个安分
耐劳的人,便不管四叔的皱眉,将她留下了。试工期内,她整天的做,
似乎闲着就无聊,又有力,简直抵得过一个男子,所以第三天就定局,
每月工钱五百文。
 
しかしながら以前に見聞きした彼女の今までの事跡断片が、ここに至って一つに繋がった。
 
彼女は鲁镇人ではなかった。ある年の初冬、四叔父の家では女の使用人を雇い換えた時、口利きの衛婆さんが連れてきたのだ。髪を白紐で結え、黒のスカートに紺の袷と薄い藍色の上着、年の頃は二十六か七、顔色は悪かったが両頬は赤かった。衛婆さんは彼女を祥林嫂と呼んでいて、婆さんの実家の隣人で夫が死んだので出稼ぎに来たのだと言った。四叔父は渋い顔をした。四婶には夫の気持ちが分かっていた。寡婦だから嫌なのだ。けれど祥林嫂の様子はきちんとして体も大きく丈夫そうであった。心得もあって口数は少なく、労苦を厭わないようであった。そこで四叔父の苦い顔にも関わらず、彼女は止め置かれた。御目見えの期間、暇なのを嫌うように一日中働き、力も強く、まったく男としても通るほどあった。それで三日目に、一か月の賃金五百文で雇われることとなった。

大家都叫她祥林嫂;没问她姓什么,但中人是卫家山人,既说是
邻居,那大概也就姓卫了。她不很爱说话,别人问了才回答,答的也
不多。直到十几天之后,这才陆续的知道她家里还有严厉的婆婆,一
个小叔子,十多岁,能打柴了;她是春天没了丈夫的;他本来也打柴
为生,比她小十岁:大家所知道的就只是这一点。
 
人は彼女を祥林嫂と呼び姓は尋ねなかったが、前に述べた仲介の隣人が衛姓だから、多分彼女も衛であろう。無口で人に話し掛けられなければ喋らなかったし、返事も短かった。10日余りが過ぎてやっと郷にはきつい姑と柴刈をしている十幾つかの夫の弟がいると分かった。この春に夫を亡くしたが、夫はやはり柴刈が生業だったこと、彼女より10歳年下だったこと、皆が知ったのはこれだけであった。

日子很快的过去了,她的做工却毫没有懈,食物不论,力气是不
惜的。人们都说鲁四老爷家里雇着了女工,实在比勤快的男人还勤快。
到年底,扫尘,洗地,杀鸡,宰鹅,彻夜的煮福礼,全是一人担当,
竟没有添短工。然而她反满足,口角边渐渐的有了笑影,脸上也白胖
了。
 日々はたちまちに過ぎたが、彼女は少しも仕事を怠けず、食事が何であろうと力を出し惜しむ事がなかった。人々は鲁四老が雇った女は、全く男より役に立つと噂した。年末になれば掃除、畑の始末、鶏や鵞鳥の準備、徹夜で祝福の料理と全て独りでやり、節季雇いの手伝いを付ける要もなかった。しかし彼女は事も無げで、色白のぽっちゃりした顔に微かな笑み浮かべるだけだった。
[PR]
by dangao41 | 2011-09-07 19:20 | 魯迅 | Comments(0)