祝福2

我就站住,豫备她来讨钱。
“你回来了?”她先这样问。
“是的。”
“这正好。你是识字的,又是出门人,见识得多。我正要问你一
件事——”她那没有精采的眼睛忽然发光了。
我万料不到她却说出这样的话来,诧异的站着。
“就是——”她走近两步,放低了声音,极秘密似的切切的说,
“一个人死了之后,究竟有没有魂灵的?”

私はすぐ歩みを止めた。彼女が金を無心すると思ったのだ。 
「お帰りなさったか?」 彼女は先ずこう尋ねた。
「うん。」
「それはよかった。坊っちゃんは学があるし、外へ出て広く見聞もしなさった。ひとつ坊っちゃんに聞きたいのだけれど」  彼女の精彩を欠いた眼は急に生き生きとなった。
このように話をされるとは思ってもいなかったので戸惑いつつ立ち止まっていた。
「それはね……」 彼女は数歩近づき低い声で、秘密でも漏らすように切々と言った。「人は死んだあと、 結局のところ霊魂はあるのかね?」

我很悚然,一见她的眼钉着我的,背上也就遭了芒刺一般,比在
学校里遇到不及豫防的临时考,教师又偏是站在身旁的时候,惶急得
多了。对于魂灵的有无,我自己是向来毫不介意的;但在此刻,怎样
回答她好呢?我在极短期的踌躇中,想,这里的人照例相信鬼,“然
而她,却疑惑了,——或者不如说希望:希望其有,又希望其无……,
人何必增添末路的人的苦恼,一为她起见,不如说有罢。
 
私はぞくっとし、彼女がしかと私に目を当てているので、背中にとげでも刺さったかのごとく落ち着かない気持ちであった。学校で不意打ちのテストがあった時、先生がまたいやに私の傍ばかりに立っている時よりなお狼狽した。霊魂の有無など私は全く意に介した事がなかった。しかしここで何と彼女に答えればいいのだろうか?私は一瞬迷ったが、この里の人々が幽霊を信じている事を考えて「ある」と答えた。しかし彼女は疑わしそうであった、……或いは望んでいるとは言わないまでも、霊魂が有って欲しいのか。それとも無い方がいいのか……末路の人間に苦悩を増してやることはない、彼女の為には有ると言うに越したことはない。
  
“也许有罢,——我想。”我于是吞吞吐虹的说。
“那么,也就有地狱了?”
“啊!地狱?”我很吃惊,只得支吾者,“地狱?——论理,就
该也有。——然而也未必,……谁来管这等事……。”
“那么,死掉的一家的人,都能见面的?”
“唉唉,见面不见面呢?……”这时我已知道自己也还是完全一
个愚人,什么踌躇,什么计画,都挡不住三句问,我即刻胆怯起来了,
便想全翻过先前的话来,“那是,……实在,我说不清……。其实,
究竟有没有魂灵,我也说不清。”

「あるかも知れない。…そう思う」そこで私は口ごもりながら言った。
「なら、地獄もあるね?」
「ええ!地獄?」私はびっくりして言葉を濁すしかなかった、「理屈から言えば、ある筈だが……けれど必ずしもそうとは限らない、……誰も知らないのだから… 」
「それなら、死んでしまった家族のみんなと会えるかね?」
「うーん、会えるか会えないかだって?…」この時の私は全くの馬鹿者であった。ためらっても考えても、歯が立たない。私は怯んで先ほど言ったことを覆えそうと思った。「それは、…実際、はっきり言えないのだが…実のところ、いったい霊魂があるかないか、それも良くは分からない」。」

我乘她不再紧接的问,迈开步便走,勿勿的逃回四叔的家中,心
里很觉得不安逸。自己想,我这答话怕于她有些危险。她大约因为在
别人的祝福时候,感到自身的寂寞了,然而会不会含有别的什么意思
的呢?——或者是有了什么豫感了?倘有别的意思,又因此发生别的
事,则我的答活委实该负若干的责任……。但随后也就自笑,觉得偶
尔的事,本没有什么深意义,而我偏要细细推敲,正无怪教育家要说
是生着神经病;而况明明说过“说不清”,已经推翻了答话的全局,
即使发生什么事,于我也毫无关系了。
 
彼女がそれ以上は直ぐに問わなかったのに乗じて、私は歩きだし、そそくさと四叔の家に逃げ戻ったが、心は乱れていた。思うに、あのように答えたのは彼女を些か不安定にさせたのではないだろうか。人々が“祝福の”最中に、自分を寂しく感じたのだろうが、それとも別の意味があったのだろうか?何か予感でもあったのだろうか?仮に他の意味があったとして、これによって何か事が起こったら、私の返答は若干の責任を負うものとなるのは確かだ…。しかし直ぐに自分を嗤った。偶然だろう、深い意味などありはしない。私は殊更に事細かく熟考し、これは専門家だったら、間違いなく生来の神経病だ、と言うと思った。まして確かに「はっきり分からない」として前言を取り消したのだから、もし何かが起こったとしても全く私のせいではない。
[PR]
by dangao41 | 2011-09-07 21:05 | 魯迅 | Comments(0)