凧                魯迅

   北京的冬季,地上还有积雪,灰黑色的秃树枝丫叉于晴朗的天空中,而远处有
一二风筝浮动,在我是一种惊异和悲哀。故乡的风筝时节,是春二月,倘听到沙沙的风轮声,仰头便能看见一个淡黑色的蟹风筝或嫩蓝色的蜈蚣风筝。还有寂寞的瓦片风筝,没有风轮,又放得很低,伶仃地显出樵悴可怜模样。但此时地上的杨柳已经发芽,早的山桃也多吐蕾,和孩子们的天上的点缀照应,打成一片春日的温和。我现在在那里呢?四面都还是严冬的肃杀,而久经诀别的故乡的久经逝去的春天,却就在这天空中荡漾了。

地面にはまだ雪が積もり葉の落ちた木の枝が晴れた空に色濃く浮き、遠く凧がぽつりぽつりと漂う北京の冬に、私は不思議さと悲しさを覚える。 故郷の凧の季節は春二月である。もしシャーシャーと風を切る音が聞こえたなら、仰ぎ見れば濃い灰色の蟹凧や空色の百足凧が見られるだろう。ひっそりとした瓦凧は風を切る音も立てず低く浮かび、独りぼっちで元気もなく哀れを誘う。けれどこの時期にはすでに柳が芽吹き、早咲きの山桃もたくさんの蕾を付けている。空に舞う子供らの凧と共に、春の暖かさを感じさせる一幅となっているのだ。私は今どこに居るのだろう? 厳しい冬の寒々しさの中だというのに見上げた空に、とっくに決別した故郷の過ぎ去って久しい春の日が浮かんでいるではないか。

  但我是向来不爱放风筝的,不但不爱,并且嫌恶他,因为我以为这是没出息孩子所做的玩艺。和我相反的是我的小兄弟,他那时大概十岁内外罢,多病,瘦得不堪,然而最喜欢风筝,自己买不起,我又不许放,他只得张着小嘴,呆看着空中出神,有时至于小半日。远处的蟹风筝突然落下来了,他惊呼;两个瓦片风筝的缠绕解开了,他高兴得跳跃。他的这些,在我看来都是笑柄,可鄙的。

しかし私はもともと凧上げが好きではなかった。好きでないと言うより、嫌悪していた。意気地なしの子供の遊びだと思っていたからだ。相反して弟は、その頃10歳かそこらだったであろうか、病気がちの痩せっぽちで凧上げが一番好きであった。けれど自分では凧を買うことができず、私もさせてやらなかった。弟はポカンと口を開けて憑かれたように空を見上げ、時には半日もそうしている事もあった。遠くの蟹凧が突然落下すると弟はびっくりして声をあげ、絡まった二つの瓦凧がほどければ嬉しくて飛び跳ねた。
弟のこんな様を、私はいつも恥ずべき奴だと冷笑した。

  有一天,我忽然想起,似乎多旧不很看见他了,但记得曾见他在后园拾枯竹。我恍然大悟似的,便跑向少有人去的一同堆积杂物的小屋去,推开门,果然就在尘封的什物堆中发见了他。他向着大方凳,坐在小凳上;便很惊惶地站了起来,失了色瑟缩着。大方凳旁靠着一个蝴蝶风筝的竹骨,还没有糊上纸,凳上是一对做眼睛用的小风轮,正用红纸条装饰着,将要完工了。我在破获秘密的满足中,又很愤怒他的瞒了我的眼睛,这样苦心孤诣地来偷做没出息孩子的玩艺。我即刻伸手折断了蝴蝶的一支翅骨,又将风轮掷在地下,踏扁了。论长幼,论力气,他是都敌不过我的,我当然得到完全的胜利,于是傲然走出,留他绝望地站在小屋里。后来他怎样,我不知道,也没有留心。
 
ある日、気がつくと弟がいない。裏庭で枯れ竹を拾っていたなと思いだし、はっと気がついた。そこで人がめったに行かない物置小屋へ向かった。戸を開けると案の定、埃だらけの什器が積み上げられた部屋の中に弟はいた。大きな方形の台に向かい低い腰かけに座っていた。私を見ると驚いて立ち上がり、青くなって縮こまった。台のかたわらには胡蝶凧の竹枠が立てかけられ、まだ糊付けしていない紙もある。台には一対の目玉となる風輪と、正月用の赤い紙飾りもあって殆ど完成していた。私はしてやったりと満足に浸りつつも、弟が私に隠れ、苦心してこっそりと子供の手業とは思えない物を作っていた事にひどく腹を立てた。私はすぐさま手を伸ばし胡蝶の翅の骨を折り、風輪を地面に投げつけ、ぺしゃんこに踏みつけた。弟は年齢も体力も私に敵う訳もなく、当然のこと完全な勝利を得た私は、呆然と立ちすくむ弟を小屋に残し、傲然と立ち去ったのだった。その後、弟がどうしたか私は知らないし、気にも留めなかった。

  然而我的惩罚终于轮到了,在我们离别得很久之后,我已经是中年。我不幸偶而看了一本外国的讲论儿童的书,才知道 游戏是儿童最正当的行为,玩具是儿童的天使。于是二十年来毫不忆及的幼小时候对于精神的虐杀的这一幕,忽地在眼前展开,而我的心也仿佛同时变了铅块,很重很重的堕下去了。
但心又不竟堕下去而至于断绝,他只是很重很重地堕着,堕着。

けれど私への懲罰は、弟と離別して久しい後になってやって来た。私は既に中年になっていた。遺憾ながら偶然にも一冊、児童書を論述した外国の本を読み、遊びは子供の正当な行為であり、おもちゃは子供のエンゼルであると知るに至った。そして20年間、全く思い出すこともなかった子供時代の精神的虐殺の一幕が、急に目の前に広がり私の心は忽ち鉛の固まりと化したかの如く重く重く沈んでいった。
しかし心は沈んでぷつりと切れてしまう迄には至らない、ただ重く重く落ちて落ちて行く。

  我也知道补过的方法的:送他风筝,赞成他放,劝他放,我和他一同放。我们
嚷着,跑着,笑着。──然而他其时已经和我一样,早已有了胡子了。

埋め合わせ方を私は知ってはいる。弟に凧を与え遊ぶのを認めて揚げるのを励ます、私も一緒に凧を揚げるのだ。紐を引きながら私達は転げ回り、走り、笑う。──-けれども、今の弟は私と同様に髭も生えているのだ。

我也知道还有一个补过的方法的:去讨他的宽恕,等他说,“我可是毫不怪你
呵。”那么,我的心一定就轻松了,这确是一个可行的方法。有一回,我们会面的
时候,是脸上都已添刻了许多“生”的辛苦的条纹,而我的心很沉重。我们渐渐谈
起几时的旧事来,我便叙述到这一节,自说少年时代的胡涂。“我可是毫不怪你呵。”

私は別の償い方も知っている。弟に許しを求めるのだ、弟が「兄さんを責めたりしていない」と言うのを待つのだ。それで私の気持ちはすっかり軽くなる。これは確かに実行可能な方法だ。いつか、会うことがあったとしたら、お互いの顔には“人生”の苦労の皺が刻まれていて、しかも私の心はとても重い。私達の会話は徐々に昔の事になっていく。そこで私はこの事を持ち出し、少年時代の愚かさを自分から話す。弟は「ちっとも兄さんを悪くなんか思ってないよ。」と言う。

  我想,他要说了,我即刻便受了宽恕,我的心从此也宽松了罢。
“有过这样的事么?”他惊异地笑着说,就像旁听着别人的故事一样。他什么
也不记得了。
全然忘却,毫无怨恨,又有什么宽恕之可言呢?无怨的恕,说谎罢了。
我还能希求什么呢?我的心只得沉重着。
现在,故乡的春天又在这异地的空中了,既给我久经逝去的儿时的回忆,而一
并也带着无可把握的悲哀。我倒不如躲到肃杀的严冬中去罢,──但是,四面又明
明是严冬,正给我非常的寒威和冷气。
                                            一九二五年一月二十四日

弟がこう言ったら私はすぐさま彼の許しを受け取り、私の気持ちは軽くなるだろう。
「そんな事あったかな?」と弟は首をかしげ笑いながら言う、まるで別の人の話を聞いたかの様に。何も覚えていないのだ。
すっかり忘れてる、全く恨んでなんてない。だから許すも許さないもないだろう?
怨みがないのに許すなど、嘘にすぎない。
私がこの上何を求められるというのか?私の心はただ重いばかりだ。
今、故郷の春の日がこの異郷の空に映り、過ぎ去って久しい子供時代の思い出を私にもたらした、名状しがたい悲しみを供に。それなら私はむしろ殺伐とした厳冬の中に隠れていたほうがよい──しかし、四面は明々たる厳冬ではなかったか、それが非常な寒さと冷たさを正にもたらしているというのに。
                                                 
2010/3
   
[PR]
by dangao41 | 2011-08-17 17:40 | 魯迅 | Comments(0)