離歌3

  为了桥,彭老人真的开始找人了。三爷知道他都找了些谁——他找的每个人,最终都会到三爷这里,隔着白白的河水,有的扯弄青草,有的头上戴顶帽子,有的夹个皮革包。都是在东坝主事的人物。

 橋の件で老人は本当に人探しを始めた。三爺は老人が何人かに依頼したのを知った——老人が頼んだ者たちは結果的には三爺の処へ、橋のない河の向こう迄くることは来た。有る者は青草を弄びながら、有る者は帽子を被って、有る者は革鞄を抱えて。皆、東堰の顔役であった。
 
  “三爷,这桥,你看看……”扯青草的手指绿了,却把青草含在嘴里,多美味似的。
  帽子是旅行帽,上面一圈小红字“×台县旅×团”。
  皮革包里放着个茶杯,鼓囊着。
  他们总一边说,一边那样地看着三爷、用那样的语气。“三爷,你看……”
  “由它去由它去。不是也有船么……”三爷懂事,急忙拦下。
  “那也行,就照三爷您的话办……对不住了哈,其实树料有的是,可咱东坝没有造桥的人才,好不容易在邻村寻访到个,人家却百般不肯,说是晦气……”他们慢吞吞地侧着身子走了,眼睛躲开,不看三爷。
 三爷倒觉得难为人家了。

 「三爺、この橋,どうしたものかなぁ……」青草を千切っていた指は緑に染まり、旨い物のように草を口に含みさえしていた。
 帽子とは旅行に行った時の物で、“×県旅行団”の赤い文字が上側にぐるっと付いていた。
 革鞄の中は茶碗が入っていて膨れ上がっていた。
 彼らはみな、喋りながら意味ありげに三爺を見ながら、意味ありげな口調で話した。「三爺、あのなあ……」
 「ほっとけ、ほっとけ。船がないわけじゃなし……」三爺は飲み込んで慌てて遮った。
 「なら、やはりそうして貰おうか、三爺がそう言うなら……済まないな。実際、木材は賄えるが、この東墳には橋を作れる者がおらん。近くの村でやっと探したんだが、あれこれ言って承知しない、縁起でもないと言ってな……」彼らはぎこちなく向きを変え行ってしまう。目を逸らし、三爷を見ようとしないで。彼は却って皆を気の毒に思った。

  其实,真没什么。桥塌了后,他已划着小黑船出去过两趟。桨动船行,一船的纸车纸人儿,花花绿绿地倒映在水里,那样碎着、散着,直晃荡着。他一边划船一边瞧那水,竟感到某种异样,好像下面的水会一直通向无边的深处……就这么划着,也不坏。

 実際、本当に何でもなかった。橋が壊れた後、彼は黒い小舟で二往復していた。漕いで船が進むと、積み込んだ紙車や紙人は色とりどりに水面に映って、砕けて散り、ゆらゆと揺れた。漕ぎながら水面を眺めていると、一種異様な感覚におそわれる。まるで水の底がずんずんと無限に深い処へ通じているような……この様に漕ぐのも、また悪くはない。
[PR]
by dangao41 | 2011-08-15 12:31 | 魯敏・離歌  | Comments(0)